シンクリール血液サラサラ、血管をキレイにする赤ミミズの威力を再び実感!

健康

血栓を溶かし、血液をキレイにするというサプリメントがあります。

「シンクリール」といいます。

15年くらい前に使ってたんですが、中断していました。

 

当時は遺伝を気にして、糖尿病、脳梗塞の予防として飲んでました。

私は正常だったんですが、親の血糖値が高かったんです。

 

血圧の高い妻

最近、妻が心臓のあたりが痛いといいます。

血圧が高いそうで、医者から薬を勧められているらしいのです。

軽い気持ちで、赤ミミズの酵素が良いらしいよと薦めました。

 

まさか、妻はこの話に乗ってきたのです。

早速、赤ミミズの本を買って来て熟読してました。

よごれた血管がキレイになる赤ミミズ酵素 10人の医師が証言する健康回復のすごい力

/ 現代書林取材班

薦めたのはシンクリール

それならと、馴染みのあるシンクリールを薦めました。

結局、支払いは私なんですけどね。

他にも数社出していましたが、昔馴染みのシンクリールにしましたよ。

 

私と「シンクリール」との出会いはこの本から始まりました。

 

『脳梗塞、糖尿病を救うミミズの酵素 秘密は血管を浄化するミミズの酵素にあった!』

(たちばな出版 )

栗本慎一郎教授

なかなか長いタイトルですが、著者が栗本慎一郎教授なのです。

脳梗塞で倒れるまではマスコミなどによく登場していた慶応大学の先生です。

とても紳士的なスマートな教授で代議士もしていましたよ。

 

闘病生活については、『脳にマラカスの雨が降る 脳梗塞からの生還』に詳しいです。

(光文社カッパ・ブックス )

 

そして自らの経験から、予防・闘病・復活のプロセスを著した本も出しています。

『栗本慎一郎の脳梗塞になったらあなたはどうする-予防・闘病・完全復活のガイド』

 

 

根が研究熱心な学者さん、脳梗塞について徹底的に調べるのである。

結論としては血管内部にある血栓を溶かしてくれる物を見つければ良いのである。

そしてミミズの酵素に行き着くのです。

薬は医師が処方する、予防は?

無論、血栓を溶かす薬はありますよ。

それは医師が処方する物なので症状が出ないと使えません。

 

そうです、脳梗塞などで病院に運び込まれた時に医師が処方するんです。

後遺症が残るかどうかは、発症からの時間勝負になりますね。

当然、日常の予防のためには使えません。

真面目に2ヶ月飲んでみた

もちろん類似商品はありますが、今回はシンクリールで様子を見ます。

妻は1日4粒、私は2粒飲み始めました。

 

現在で2ヶ月が過ぎたところです。

妻は、2日目くらいに心臓のあたりの違和感が取れたみたいと言います。

気のせいかも知れませんが、何か実感があれば次回は自分で買うでしょう。

 

私の血圧は、通常140程度で推移しています。

しかし最近は150から160になっています。

 

要注意のレベルになっていたので、今回は救いでした。

この2ヶ月間はいくら測っても、140を切ることはありません。

それがそれが、なんと136が出たのです、信じられません。

最後に

改めて、ミミズの酵素効果あるじゃん!

ルンブルクスルベルスの粉末が頑張ったのでしょう。

 

 

栗本教授の本に書いてありましたが、アスピリンも効果があるそうです。

用途は違いますが、頭痛薬のバファリンにはアスピリンが含まれています。

緊急時の知識として知っておいた方がいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました