ラウムナ硫酸を含むアオサ(ヒトエグサ)は新型コロナウイルスに効果があるの?

海藻の青さがウイルスの抑制に効果があるかも知れないとの事です。

そのせいで、スーパーや通販では乾燥青さの商品に関心が集まっています。

青さの生産地、伊勢志摩の海苔業者は大忙しでしょうね。

発端は、大学の研究グループが、海苔などに使われる海藻のあおさが、

コロナウイルスの増殖を抑え、抗体を増やす効果があることを発見したからです。

ヒトからヒトへ感染するコロナウイルスと、新型コロナウイルスの構造がよく似ています。

だから、同じ効果があるかも知れないと期待されています。

中部大学大学院の林京子客員教授は、あおさに含まれる「ラムナン硫酸」という多糖類がさまざまなウイルスの増殖を抑制する効果について研究してきました。
ヒトコロナウイルスの感染実験に使える動物がいないため、代わりにコロナウイルスと遺伝子構造がよく似たインフルエンザA型ウイルスに感染したマウスに
ラムナン硫酸を投与した結果、3日後にウイルス量が半減し、免疫抗体の量が1週間で約1.5倍、2週間で約2.3倍に増えたという。実験データから、ラムナン硫酸には、ウイルス表面を覆うタンパク質の膜が生体の細胞にくっつこうとするのを邪魔し、免疫細胞を活性化して抗体を生み出す2つの効果があると見て、
今後は新型コロナウイルスを研究中の医療機関と協力して、ラムナン硫酸の効果を検証したいと考えている。

治療薬やワクチンの開発には時間がかかるうえ、

ウイルスの構造は変化しやすいので、

せっかく開発したときには効き目がなくなっている可能性もある。

これに対してラムナン硫酸は、ふだんから免疫細胞を活性化させる効果が期待されることから、

ウイルスがやってきたときには素早く抗体を作り出すことができ、

そのウイルスがどのような種類でも対応できるという特性を持っているという。

ラムナン硫酸は、藻類のヒトエグサやスピルリナ(青粉)などに含まれる多糖類の一種です。

主な構成糖はL-ラムノースと硫酸化L-ラムノースで、硫酸化多糖でもある。

簡単に言うと食物繊維なのです。

ラムナン硫酸を用いた研究の結果には

血液凝固阻害活性
腫瘍転移阻害作用
血管新生阻害作用
血中コレステロール低下作用
抗ウイルス作用
体重増加抑制作用、肝臓脂質沈着制御作用
ヒアルロニダーゼ阻害作用

以上のような効果を持つことが報告されています。

ラムナン硫酸にはまだまだ未知の部分が多く、

これからの研究が期待される食物繊維なのです。

この事から、乾燥あおさがよく売れているそうです。

あおさは味噌汁の具材として人気がありますよね。

私は回転寿司のあおさの味噌汁が大好きです。

まとめ

あおさには「ラムナン硫酸」という物質が含まれています。

今回は、ヒトコロナウイルスと似たようなタイプのウイルスである、A型インフルエンザを感

染させたマウスを使って実験をしています。

A型インフルエンザを感染させたマウスにラムナン硫酸を加えると、

ウイルスの抗体を増やす効果があること、またそのメカニズムが分かりました。

ラムナン硫酸の抗ウイルス作用のメカニズムが分かったから、

ヒトコロナウイルスにも活用できるんじゃないか?

そのため、あおさがヒトコロナウイルスの対策になるかも知れない、

という予測から人気になったのでしょう。

青さ、青さのり、青のり、ヒトエグサと多くの呼び方がありとても紛らわしいです。

アオサ属の「アオサ」とヒトエグサ属の「あおさ」があるようです。

学名と俗称が商品名で混在しているから、またややこしい。

今回の主役になっているのはヒトエグサ属の「あおさ」でヒトエグサといいます。

主に、西日本方面でのり佃煮の原料になっている海藻です。

原料の主なる生産地は伊勢志摩のある三重県です。

海苔佃煮の大手メーカーである桃屋は原料(ヒトエグサ)の加工場を三重県においています。

そして、埼玉の工場で海苔佃煮に炊き上げています。

乾燥の青さだけでなく、ヒトエグサを使った海苔佃煮でも期待できるかも知れません。

ごはんですよとか伊勢のり佃煮も新型コロナウイルスに有効かも知れませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする