自宅で燻製グリーンハウスのフードスモーカーGH-SMKA-SVがコンパクトで人気

燻製を始めようと思っているのですが、多分続きません。

燻製器の購入を検討はしてみたもののちょっと迷っています。

市販の燻製器を調べてみたのですが、ちょっと大袈裟になりますね。

安いのが良いのです。

大きなサイズは嫌なのです。

一応候補はこれです。

家庭用となっていますが、キャンプ用品なのです。

どっちや?突っ込みを入れたくなりますね。

何と言っても価格ですね。

税込、送料無料で@1,990円です。

使い方も簡単そうです。

私とすればあまり手間ひまかけずに手軽に楽しみたいのです。

これで良いかなと思っていました。

しかし、話題の新商品がありました。

価格は少々高めで5千円ちょいです。

コンパクトなのが気に入りました。

それがこれです。

高さ約16cmのテーブルでスペースを取らないスタンドタイプの燻製器です。

チップを燃やした煙を、ファンが回転しチューブで送り出します。

食材を入れた容器内で短時間に薫香を定着させるのです。

 単三乾電池で駆動するので、屋外でも使用できます。

国産チップ(サクラ、リンゴ、ヒッコリー)とレシピが付いています。

普通、燻製は50〜80℃の温度でじっくりと時間をかけて食材を燻します。

これを温燻と言います。

この燻製器は容器に煙を満たし、食材に薫香を付けるものです。

簡易冷燻をする燻製器になります。

ですから、乾燥している食材にぴったりなのです。

食材はナッツ系のものやチーズ、干物、ギンナン、などです。

ビールやウイスキーによくあいます。

本体上部のポケットに二つまみ程度のチップを入れます。

続いてチューブをセットし、食材の入った容器に入れます。

容器は密閉できるものです。

容器の隙間からチューブを差し込み、スイッチON

煙が逃げないように、ラップで蓋をしてもOKです。

点火から煙が充満するのに約10秒です。

素早くチューブを抜き取りラップで密閉します。

あとは3分、モノによっては10分くらい燻せば出来上がりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする