出雲大社の土産は縁結の甘い菓子ど「じょう掬い饅頭」は有名でしたね。

神宮といえば、伊勢神宮、大社といえば出雲大社を指します。

出雲と言えば、神話における大ヒーロー須佐之男命と大国主命でしょう。

須佐之男命は天照大御神の弟神です。

高天原で大暴れして追放されました。

荒ぶる神として評判が悪かったのです。

しかし、地上に降りられてからは正義の神となっています。

八岐大蛇を退治した神話は有名です。

大国主命は須佐之男命の娘・須勢理姫を妻としました。

しかし、よくオモテになった男神さまでもあります。

そして、葦原の中つ国を開拓した神になっています。

ある時、天照大御神が葦原の中つ国は私の治める国だからと言ってきます。

そして、大国主命は国譲りを要請されます。

大国主命は国譲りの条件として大きな宮殿を所望しました。

古事記のよると、出雲大社は上古には96メートルの大神殿だったようです。

中古でも48メートルの神殿だったそうです。

木造でこんな巨大な神殿が出来るのか疑問視されていました。

大手ゼネコンが伝承に従ってコンピューターで解析したところ、

少なくとも48メートルの神殿は可能だったそうです。

古代出雲の人々は想像もできない技術を持っていたのですね。

それはピラミッドやバベルの塔に匹敵するかも知れません。

出雲大社の本殿の奥に素鵞社(そがのやしろ)があります。

ここに、須佐之男命がおいでになります。

本殿参拝を済ませ、こちらでもご祈願するのが良いそうです。

大社の参拝を済ませたら、神の里出雲国のほかの神社にも行ってみよう。

神話の世界に浸る素晴らしい経験が出来るはずです。

神魂神社、八重垣神社、美保神社、熊野大社、日御碕神社など

出雲大社に参拝したならば、出雲そばははずせません。

特に「荒木屋」さんが有名で、美味しい。

時間帯によっては待ちますが、それだけの価値はあると思いますよ。

そして帰りにはお土産をたくさん買って帰ること。

地元が繁盛し潤うのを神様は喜ぶそうです。

オススメは沢山あります。

特に印象深いのが、「どじょう掬い饅頭」なのです。

30年以上前ですが、考案した部長に会ったことが有ります。

ヒット商品になって喜んでいましたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする