「アーモンド」の効果がすごい。1日25粒でやせる、きれいになる?ホントですか?

最近、ナッツ類の健康効果に注目が集まっています。

ココナッツ、マカデミアナッツ、くるみなど、よく話題にのぼります。

なかでも、特に高い健康効果で知られているのが「アーモンド」です。

アーモンドと聞くと、「高カロリーで太りやすい」とか「ニキビができてしまう」というイメージを持たれがちです。

しかし、ダイエットや健康志向の人にとっては、お勧め商品なのです。

アメリカのハーバード大学の研究

18歳〜50歳の50人を対象にして、1日の摂取カロリーを男性1500kcal、女性1200kcalに抑えたダイエットを6ヶ月行いました。

その時、低脂肪の食事を行ったグループよりもアーモンドやオリーブオイルなどの不飽和脂肪酸を摂取したグループの方が、効率よく体重減少が見られたんだそうです。

加えて、1年たってもリバウンドがなかったのです。

それは、なぜでしょうか?

アーモンドとは

バラ科サクラ属。
高さ5~6mくらいになる落葉高木。
桃、杏、梅などと近縁の植物。
桜に似た花を咲かせます。
スイート種(甘扁桃)とビター種(苦扁桃)があります。
現在、日本で食用として売られているのはスイート種です。

栄養価

ビタミンEは100g中に31.4mg含まれており、全粒の穀物やナッツ類を含め、丸ごと食べられる食品の中で一番の含有量です。
必須栄養素のミネラルが多く含まれています。
特に含有量が多いのは、カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛、マンガンの6種類です。

不飽和脂肪酸

アーモンドの脂質のほとんどは不飽和脂肪酸で構成されています。この油は「体にいい油」で、健康・美容に役立ちます。

食物繊維

100g中に10.1g含まれています。
食物繊維豊富な食品のごぼうと比べても、倍近い量です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする