紫外線予防、長距離運転、車に乗っていれば日焼けしないのかな~?

紫外線の本当の怖さをご存知ですか?

JAFの雑誌の特集で「車に乗っていれば、日焼けをしない?」がありました。

車のガラス別で紫外線の強度を比較しています。

車と紫外線でよく出てくる写真がコレです。 ↓

コレは車の運転を長年していたドライバーさんの顔です。

右半分と左半分の人相が違うのです。

明らかに右側が老けていますよね。

これは紫外線が原因なんですよ。

紫外線を多く浴びれば、肌が黒くなるなど日焼けをします。

長期間浴び続ければ、紫外線は細胞遺伝子を傷つけるのです。

これにより、活性酵素が生成され、シワやたるみなどの老化を促進します。

長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり、老化したりします。

紫外線とは?

紫外線(UV)は太陽の光の中に含まれています。

光はその波長により赤色から紫色までは人の目で見えます。

紫外線は文字どうり、その紫色の外、人の目に見えない波動です。

その反対が、赤外線です。

赤色の外側の目に見えない波長で、熱を持っています。

紫外線は波長の長さにより、UVA、UVB、UVCと3つに分けられます。

ただしUVCは、物質による吸収が著しいので、通常は大気を通過することはありません。

UVA、UVBはオゾン層を通過して地表に到達します。

そして、地表に到達する紫外線の大部分がUVAなのです。

UVAとUVBの違いは?

波長が長いUVAは、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。

例えば、長い時間をかけ、気付かない間に肌のコラーゲンを変性させます。

これがしわなどの原因になっていくなど、肌に悪影響を及ぼしているのです。

しかもUVAは、常時UVBの20倍以上も地上に降り注いでいます。

雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っています。

曇りの日も日当たりの良い家の中でも対策が必要ですね。

UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こします。

皮膚ガンやシミの原因にもなります。

ただし、波長が短い分、オゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は少ないのです。

日常生活の中で、極力直射日光に当たらないように心がければ、ある程度防御することができます。

車のガラスによるUVカット

JAFの月刊誌ジャフメイトによれば (前席右腕付近)

スーパーUVカットガラス  紫外線強度        1

UVカットガラス                  紫外線強度    344

クリアガラス                      紫外線強度  1,305

オープン状態                      紫外線強度  3,275

※(上記は便宜的にスーパーUVカットガラスの紫外線強度を1としました。)

以上の結果から、スーパーUVカットガラスであれば、ほぼ紫外線をカットしてくれます。

いまの車は紫外線の約9割をカットする、UVカットガラスが使用されているのが多いですね。

車種やオーダーメイドによっても異なります。

スーパーUVカットガラス使用の車であれば、車内での日焼けはほぼ防げます。

いわゆる、高級車になりますね。

しかし、高級車の場合でも長時間運転でUVAを長く浴び続けることがあります。

そうなると、紫外線による細胞遺伝子に対する傷が多くなります。

その結果、活性酵素が生成され、シワやたるみなどの老化が促進されます。

まとめ

スーパーUVカットガラス使用の車に乗っていれば、まず大丈夫です。

しかし、車から外に出るときに注意しないといけませんね。

長距離ドライブの時は、パーキングでトイレ休憩とかありますよね。

そんな時に必需品が、日傘、サングラス、日焼け止めクリーム、帽子などです。

今は、飲む日焼け止めというサプリもあります。

これは効いているという実感が湧きにくいのですが、効果はあります。

いや、効果があると書いてあります。

しかし、前もって毎日飲んでないといけません。

理想は3ケ月前から飲んでいて欲しいですね。

海外セレブやモデルさんが使っているようですので、関心のある人はお試しあれです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする